【MISS CUT IN 2019 連動企画】広報しえんの「にいがた就職応援団ナビ」で就活の疑問を相談!


新潟の様々なカルチャーを情報発信するフリーペーパー「CUT IN」で、1月25日より開催中の「MISS CUT IN 2019」にエントリーしている7名の女性に様々な体験レポートをしてもらうSHIKAMOとの連動企画です。

MISS CUT INにエントリーしている「みさき」です!

私は今年就活を控えているので、株式会社 広報しえんさんへ行って、就活について色々お話を聞いてきました。

今回担当してくださった鈴木さん。


みさき
今日はよろしくお願いします!
早速ですが、就活はいつから始めたらいいですか?
鈴木さん
就職活動のスタートは3月ですので、まずそのタイミングで就職サイトを使ってエントリーすることになると思いますが、3月になってから企業探しをしていては遅いんです。なので1月や2月くらいまでに業界・企業・仕事研究が必要になります。今だとインターンシップがありますが、もう参加されたりしてますか?
みさき
はい、1社行きました。
鈴木さん
あ、いいですね!参加することでその仕事について理解できるので、インターンシップは大事だと思います。できれば参加する前に、業界の種類や成長している業界などを見つけていただいて、自分の興味のあるところへ行ってもらえるといいですね。
みさき
わかりました。具体的に準備を始める時のポイントってあるんですか?

鈴木さん
就職活動が始まっていない時期にやってほしいことは、仕事・業界・企業の研究ですね。それと自己分析。どんな仕事があって、自分がどういう仕事に向いているのか、やりたいのかを洗い出してもらって、自分の素直な気持ちでピックアップすること。で、その後に例えば書類を書いたり、面接に行って話をしたりするわけですけど、そのために、最初は箇条書きで志望動機とかをバーっと書き出すだけでもいいと思いますよ。
みさき
そうなんですね!
鈴木さん
ちなみにうちの「にいがた就職応援団ナビ」には、「就活スタートCHECK」というページがあって、そこで心構えであったり、興味があることを思い浮かべることができるのかを確認することができます。ご覧になられたことはありますか?
みさき
いえ、ないんです、、、。
鈴木さん
じゃあぜひこの機会に色々見てみてください。

タブレットをお借りしてサイトを見てみました。気になる項目がたくさんあってついつい真顔に。

みさき
色々わかった後に、自分に合いそうな企業を効率良く探す方法ってあるんですか?
鈴木さん
実はいくつかありますが、にいがた就職応援団ナビだと「企業検索」の中の「各種条件から検索」をクリックしていただくと、エリアや職種、社風や人物に注目して探すこともできます。さらに少し下へ行くと、「条件を組み合わせて検索」がありますので、より細かく調べることができます。あと効率良く探すという点では、TOPページの中ほどに載っている、「企業・仕事研究」の取材記事もオススメです。今の時代は「働き方改革」ですとか「ワークライフバランス」を気にされる学生なども多いので、より良い会社作りに取り組んでいる企業の様子を紹介しています。

鈴木さん
あと、にいがた就職応援団ナビのマスコットキャラクター「IPPO君」が企業に潜入して、その企業を紹介する「応援団ルポ」という企画もあるんです。実際に働いている人の顔が見えますし、インターンシップを突撃取材しているものや、そこで働く方お一人に協力していただいて、仕事の内容ややりがいをお話ししていただく「ワークスタイル新潟」という記事もありますので、企業探しに使えると思います。ありがたいことに2018年卒者向けの掲載社数は450社以上ありました。
みさき
写真で見た方がイメージしやすくていいかもですね!あと、面接で印象を良くするポイントを知りたいです。

鈴木さん
面接で陥りがちなのが、面接官の質問に対して一気に返すことなんですよ。履歴書に書いたことを暗記して、「一言一句間違えないように言おう」って思っちゃうと、どうしても本心じゃないように伝わってしまうんです。なので堅い言葉じゃなくて、自分の気持ちをストレートに表現した方がいいですね。要は面接は「日常会話のキャッチボールから本心を探るもの」なので、緊張するのは仕方ないですけど、変にかしこまる必要はありません。それと、今はネットに受け答えのテンプレートがたくさん出てるじゃないですか?
鈴木さん
人事の人ってそういうのも結構細かくチェックしてるので、「あ、あそこに載ってたものをそのまま言ってるな」みたいな。

みさき
えー!怖い~~!!笑
鈴木さん
人事の人は年間何十人も面接するわけですから嘘もわかりますし、本心を見抜くプロです。そこに立ち向かわず、素直な気持ちで行った方が双方でミスマッチもなく、入社後も余計な苦労をしなくて済みます笑
みさき
じゃああんまり面接の本とか読まない方がいいですか、、、?
鈴木さん
読んでもいいですけど、全てを鵜呑みにしない方がいいですね。学生より人事の人の方が読んでるので、「また来たこの答え!」と思われることも結構あるみたいです。それだと他の学生に埋もれてしまいますから、自分にしか言えない言葉を見つけてもらった方が絶対印象に残ります。結局印象に残ったもん勝ちなので、そういう面接をぜひ!という感じです。
みさき
私、面接の練習でも目がめっちゃ泳いじゃうんですよ。泳がない方法ありませんか、、、?
鈴木さん
目は動くものなので、相手の目を見ているとそれにつられて泳ぐということはあります。人事のネクタイの結び目あたりを見るとか、後ろの背景を見てみるのはどうですか?

みさき
目を見なくてもいいんですか!?
鈴木さん
この距離だとわかりますけど、面接会場って互いに離れてたりするので、意外に気にならないですよ。逆にずっと見てると、威圧的な印象を受けることもありますし。まあ難しいですけど、目が泳いでいたら「あ、緊張してるんだな」くらいで、特別不利になるようなことはないと思います。
みさき
そうなんだ、、、。あと、みんなだいたいどのくらいの会社を受けるんですか?
鈴木さん
全国平均だと、就職サイトを使ってエントリーするのが30社ですね。多いと思いますか?
みさき
多いと思いました!
鈴木さん
昔は「50社以上絶対しなさい」と言われていた時代もあったんですよ。
みさき
え~!大変、、、。

鈴木さん
今はエントリーが平均30社で、その中から説明会に参加するのが15社くらいですかね。それでさらに面接に行くのが6〜8社だと思います。だから半分ずつ減っていくイメージですね。エントリーしないことには情報がもらえないし、説明会に行かないと実際の仕事内容がわからない。そして面接で具体的な仕事の話になった時に、説明会に参加していないと全然たちうちできない状態になってしまいます。
みさき
30社から15社に絞る時に「ここ重視した方がいいよ」みたいなところってありますか?
鈴木さん
重視するポイントって人それぞれだと思うんですけど、例えばさっき言った「ワークライフバランス」が大事であれば、やっぱりそこを比較しなければいけないですよね。それと、入社してから自分が一人前になるために、どういうステップを進んでいくかも企業によって様々なんです。先輩がしっかり付いて教えてくれるところもあれば、ある程度自由にやらせて経験を積ませるところもあるので、どっちがいいのかも判断基準になりますよね。あとはお給料とか。

みさき
う~ん。わかりました。
鈴木さん
でも今1年生ですよね?急に就活って言われても、、、みたいな感じしませんか?
みさき
めっちゃします笑
鈴木さん
ですよね笑
この間入学したばっかなのに!みたいな。まあ遊びも大事ですけど、専門学校だとそうもいかないのかな。応援してますので、また何か悩みがあったらいつでも相談に来てください。
みさき
はい!今日はありがとうございました!

広報しえんさんでは、毎年個別に履歴書の添削や、各学校での就活講座もされているそうです。また朱鷺メッセや東京で開く合同説明会では、ブースに就活の相談コーナーがあって、鈴木さんが担当することもあるそうです。ひょっとしたら鈴木さんから企業の裏話が聞けるかもしれません笑

さらに広報しえんさんの合同説明会は、回った企業数に応じてクオカードがもらえるスタンプラリーがあるということなので楽しそう!まだまだこれからだけど、就活を始める皆さん一緒に頑張りましょ~!

取材先 : 株式会社 広報しえん

PROFILE

名前 : みさき
学校名 : 国際トータルファッション専門学校
趣味 : カフェ巡り
特技 : ヘアアレンジ
新潟の良いところ : お米が美味しいところ
新潟でよく行くエリア : 万代
理想のタイプ : 思いやりがある人

INFORMATION

MISS CUT IN 2019
WEB SITE : https://miss2019.cutin.jp/