本場大阪の味!「たこ焼き みつふく」の塩マヨを食べてみた


柏崎の人気たこ焼き屋「たこ焼き みつふく」(現在休業中)。その2号店が、女池の新潟江南高校前にオープンしたということで、実はたこ焼き好きの廣瀬が食べに行ってきました。

お店は青い外観が目印。右側に駐車場もあります。

入店したら、カウンター横にある券売機で食べたい味をチョイス。「バターしょうゆソルト(¥600)」「タルタル(¥600)」「ピザソース(¥600)」なんて変わりダネもありました。

ちなみに、しばらくはネギの取り扱いがないということで、「ネギ&ソース(¥650)」とトッピング用の「ネギ(¥100)」は注文できません!残念!!

お店のオススメは、柏崎店でも人気メニューの「塩マヨ(¥600)」。でも、やっぱり定番の「ソース(¥550)」も食べてみたい!ということで、両方注文してみました。

こちらが店主の武藤さん。元々、柏崎店のお客さんだったそうですが、大阪で修行した店主が作る塩マヨの味に魅了されて、自身も作り手になったとのこと。恐るべし塩マヨ。

シンプルで広い店内。テイクアウトしたい人は、入口側に置いてあるイスに座って出来上がりを待つことができます。

奥側にはイートインスペースがあるので、僕みたいに焼きたてをすぐに頬張りたい人も落ち着いて食べられます。

こちらはソース。
大きめのたこ焼きが8個入っていて、その両脇に紅生姜とマヨネーズが添えてあります。青のりはかかっていません。

みつふくのこだわりは生地の焼き方。少し長めに焼くことで、表面に適度な固さの薄皮を作り、とろっとした生地を中に閉じ込めています。さらに、真ダコよりも柔らかい岩ダコを使っているとのことで本当に食べやすい!美味しい!

そして、こちらが塩マヨ。
マヨネーズがかかっているのにサッパリ食べられて、生地本来の味を感じられました!ポイントは、ただの塩ではなく岩塩を使っていること。どおりでこれも美味しいわけだ、、、。どんどん自分の中で岩塩最強説が立証されていく!

これまで柏崎にしかなかった本場大阪の味、ぜひお試しを!


INFORMATION

みつふく
住所 : 新潟市中央区女池7-19-5
営業時間 : 11:00~20:00
TEL : 090-6181-1576
: https://www.facebook.com/3fukuniigata/

ACCESS