布とむかしのくらし


開催日 : 2019年9月14日(土)~12月8日(日)

9月14日(土)~12月8日(日)の期間、新潟市歴史博物館では、第16回むかしのくらし展「布とむかしのくらし」を開催。


糸車(新潟市歴史博物館蔵)

新潟市では、むかしから布づくりやその材料づくり、染め物などが行われてきたため、その布で普段着や作業着がつくられてきました。市内には、亀田縞や葛塚縞、白根絞りなどの布や、布をつくる道具が今も残っています。


炭火アイロン(新潟市歴史博物館蔵)

本展では、そんな新潟市ゆかりの布と合わせて、布をつくる道具や布を縫うための道具などを展示します。期間中は、洗濯板とひのし(布地のシワを伸ばすための道具)を使うイベントや、しぼり染め体験などの関連イベントも開催されるので、むかしのくらしに触れてみよう!

INFORMATION

第16回むかしのくらし展「布とむかしのくらし」
期間 : 2019年9月14日(土)~12月8日(日)
時間 : 9:30~17:00(9月までは~18:00)
会場 : 新潟市歴史博物館 本館1階 企画展示室
休館日 : 毎週月曜(9月16日、23日、10月14日、11月4日は開館)、9月17日、24日、10月15日、11月5日
料金 : 無料(常設展示の観覧券は別途必要)
HP : http://www.nchm.jp/

ACCESS