lazuli rena nicoleでVo.Gtを務め、ソロとしても活動するマスコ・タイガさんにインタビュー


日頃より、多くの皆様にアクセスいただき有難うございます。

新潟の様々な情報を発信するSHIKAMOですが、イベントだけでなく街の情報やコラムなど、アクセスしていただいた方に楽しんでいただけるよう、バラエティに富んだ記事を掲載していきますので、今後ともご愛顧の程よろしくお願いいたします。

と言う事で突然ですが、SHIKAMOが注目する新潟で様々な分野で活躍している人、頑張っている人にスポットをあててご紹介する新コーナーをスタートします。

名付けて

「シカモナヒト」

第一回目は、新潟発の4人組バンド「lazuli rena nicole」(ラズリレナニコル)でVo.Gtを務め、ソロとしても活動するマスコ・タイガさんにインタビュー。活動の幅を広げる今、音楽への想いを聞きました。

音楽活動を始めたきっかけを教えてください。

高校の時、入学式が終わって前の席の子に「軽音楽部見学に行こうよ。」と誘われたんです。見学しに行ったらかっこよくて、入る予定だった美術部を辞めてそのまま軽音楽部に入部しました。それから3年間ずっとラウドをやっていましたね。

高校を卒業してからは自分がやってきた音楽が、どれくらい正しいのかを知りたくて音楽学校に行きました。今思えば楽しかったのですが、当時学校で学ぶことは歴史上に名前が上がってくるアーティストのいわゆる正しい音楽だったので興味を持てなくて。

価値観を強制される気がして、信じていたものをすべて否定された気持ちになったんです。その時、喉を潰したこともあって音楽をやめようとも思いました。それから辛い日々が続いたのですが、それでも心のどこかで音楽に触れていたいという気持ちはありましたね。

そのタイミングで、Up dripperというバンドにベースで入りました。それまでは弾いたことがなかったんですけどね(笑)。そこで活動をする中で、音楽は正しい、正しくないで決まるのではなく、自分の中のかっこいいかどうかなんじゃないかと気付いたんです。

そこからまた音楽を好きになったのと同時に、僕自身がかっこいい正しいと思うものを、同じように感じる人に届けなきゃと思い、音楽を生業にしようと決めました。

Vo.Gtを担当されている「lazuli rena nicole」はどのようなバンドですか?

残響、叙情、ポストロックの織り混ざったオルタナティブなサウンドが特徴のバンドです。音源に関してはライブ会場でも販売していますし、ネットでも流通しています。

結成したきっかけを教えてください。

前所属していたベースの子に誘われたことがきっかけでした。「もし次バンドをするならタイガさんと一緒にやりたい」とずっと言ってくれていたこともあって彼のバンドが解散したタイミングで結成しました。

どのようなバンドだと思いますか?

僕らは好きなジャンルの音楽が全然違うんです。僕は高校の時からずっとラウドをやっていたのですが、ルーツとしては母親と父親が中島みゆきさんと、さだまさしさんを好きだったので小さい時から聴かされていましたし、音楽を聴き始めたきっかけは兄がヒップホップを聴いていたからでした。ギターの子はアニメオタクでアニソンやボカロが好きだし、ベースはUKバンドが好きです。ドラムはポストロック。全然違うジャンルの人たちが集まっているので聴いたことがないものができるんですよね。それがすごく面白いと思っています。

作詞作曲はご自身でされているそうですね。大切にしていることはありますか?

歌詞は僕が書き上げているのですが、曲作りに関しては、ギターのフレーズや僕の歌など主となる何かを元に、みんなで広げて作っています。その時、いつもメンバーには「好きにやって欲しい」と言っているのですが、説明をするときには、例えば「部屋で夕方4時くらい、少し西日が入って来て、男か女か、仕事は何をしていて、、、その人が2時間くらいかけて飲んでいるコーヒーの最後の一口を飲み終わって置いた時に鳴っているギター」と、弾き方の指定はせずにイメージを伝えるようにしています。というのも、そうすることによってお互いのパーソナルな部分に滑り込めると思うんです。

ソロで弾き語りもされているそうですね。どうして始めたのですか?

曲を作っていると、バンド向きの曲とそうではない曲が生まれるんです。でも生まれてしまったものなので、歌わないのもかわいそうだなという気持ちもあって、どうにか世に放つ方法はないか考えて弾き語りをすることにしました。

思い出に残っているステージはありますか?

どのステージも思い出に残っています。僕は弾き語りをバンドの片手間ですることが嫌なので、弾き語りのステージはバンドと全く違うものだと思っています。だからこそ毎回とても気持ちが入るんです。

会ってみたいアーティストはいますか?

THE NOVEMBERSと対バンをしてみたいです。音作りや曲の構成を勉強しているバンドで、メンバー全員好きなんです。
あと音楽家ではないのですが、小林賢太郎さんがすごく好きです。あそこまで世界を作り上げる人は彼しか知らないので、いつかお会いしてみたいです。

告知があれば教えてください。

4月18日(土)に新譜「白紙の恐怖」を出しました。デジタルリリース版が主で、イベントで販売する予定だったものは通販で販売します。それと今回初めての試みなのですが、書籍を出そうと思っています。デジタルリリースには歌詞カードが存在しないので、歌詞と僕が普段書いている詩と写真を20~30ページくらいでまとめました。

白紙の恐怖 : https://linkco.re/hCr1VCT6

今後の展望を教えてください。

lazuli rena nicole名義でファッションブランドを立ち上げようと思っています。飽和している文化の中で、僕らを見つけてもらうには時間がかかると考えていて、僕たちの服に触れた人がブランドについて調べた時にlazuli rena nicoleに辿り着ける、そういう場を増やしたくて始めました。今回はリリースに合わせて出したいと思っています。

マスコ・タイガさんに今後も注目です。


PROFILE

マスコ・タイガ

lazuli rena nicoleのGt.Vo.でありソロ活動も行う。ソロ名義での1st.シングル「ごはんはたいが」はライブ会場にて販売中。好物はうどん、嫌いなものはキノコ。好きな動物はゾウ。趣味は映画をみること。横断歩道で信号無視をする人のことは信用できません。

lazuli rena nicole

ポストロック、シューゲイザー、ドリームポップなど様々な要素を取り入れたジャンルレスな楽曲が多数。轟音、それでいて浮遊感もあり、トリップしたかのような感覚に陥るライブ感が特徴である。Gt&Vo. マスコ・タイガ(Masuko Taiga)Gt&Cho. 笛吹かずや(Fuebuki Kazuya)Ba&Cho. テツ・キタザワ(Tetsu Kitazawa)Dr. mzsm(Mizushima)

HP : https://lazulirenanicole.com

本日から今月末まで来月以降