「ソーシャルディスタンスの大切さを少しでも伝えられたら」という思いで発売された「お酒」

どうも。

外出を自粛しているので、連日美味しいテイクアウトを食べつつ、同時にお酒の量がどんどん増えているSHIKAMO管理人です。

基本、私はビールからのハイボール、最終的に白ワインのルーティンですが、どうせ自宅で籠っているなら色々なお酒も試してみようかなと思っております。

特に私は、米処の新潟に生まれ育ちながら日本酒に詳しくないので、これを機に色々と研究してみようかと色々とネットで物色していると、「ソーシャルディスタンスの大切さを少しでも伝えられたらという思いで発売された」というお酒を発見。

その名も

「ソーシャルディスタン酒(シュ)」

軽くニヤッとするネーミングですが、本来は1本の瓶に表記されるはずの「今代司」のロゴ3文字が、今だけは距離を置いて分解して3本のお酒にするという、このアイディアが秀逸。「今」「代」「司」のそれぞれのラベルには、#(ハッシュタグ)で酒造の皆さんからの想いが添えられています。発売は4月20日から。

●純米酒 「ソーシャルディスタン酒 今」300ml @450円(税抜)
#離れていても心はひとつ
-少しさみしいけれど「今」は我慢して相手を思いやって過ごそう

●純米吟醸酒「ソーシャルディスタン酒 代」300ml @700円(税抜)
#お酒があれば離れてたって近づける
-テクノロジーのおかげでオンライン飲み会も楽しめる時「代」

●甘口純米吟醸酒「ソーシャルディスタン酒 司」300ml @650円(税抜)
#また酒蔵で会いましょう
-自分の心を「司」り、穏やかな気持ちをもってこの困難を乗り越えましょう。また自由が訪れるまで、酒蔵でお待ちしています!

そして、これら3本がオリジナル化粧箱に入ったセットも。

●「ソーシャルディスタン酒セット」2,000円(税抜)

「離れていても、同じお酒を飲んで繋がって欲しい」という思いを込めて、ご友人やご家族、大切な方への贈り物としても最適ですね。

なお、今代司酒造さんは、この「ソーシャルディスタン酒」の売上の一部を新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急支援を行う日本財団に寄付するとのこと。更に、日本全国の酒蔵さんにもそれぞれの「ソーシャルディスタン酒」を製造して支援の輪を広げていただきたい、と呼びかけています。

「飲むことが支援になる!」という取り組みは、日本酒を愛し、製造してきた酒造さんならではの素晴らしい発想ですよね。購入は「今代司酒造 直営オンラインショップ」から。

今代司酒造 直営オンラインショップ「ソーシャルディスタン酒」

ということで

がっちりテレワークに勤しんで今夜も飲みます。皆さんも良いお酒を。

ではまた。


INFORMATION

今代司酒造
所在地 : 〒950-0074 新潟県新潟市中央区鏡が岡1−1
電話 : 025-245-0325
HP : http://imayotsukasa.co.jp/

ACCESS MAP