「木村千代春 日本の自然を描く写実彩画」開催

2021年4月17日(土) から4月29日(木・祝)、新潟絵屋にて「木村千代春 日本の自然を描く写実彩画」が開催されます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

桜をはじめ、日本の自然を描いている木村千代春さんが新潟絵屋に登場する。35歳から独学でイラストを学び、自然や童画を描いてきた。絵は、丁寧かつ緻密である。動植物を繊細に表現することから、写真みたいだという鑑賞者もいるが、ご本人はリアリズムであり、心の中の風景を思い描いているだけという。

 特に樹齢数百年の既に咲くことが難しい桜の樹を、山形や長野までスケッチに出かけ、それをキャンバス上に満開の桜を咲かせるのだ。童画にいたっては、下駄をはいた着物姿の女の子など、どこかで出会ったような懐かしい昭和の子どもたちがいる。千代春さんの心の風景なのだ。満開の桜や昭和を彷彿とさせる作品は、コロナ禍の日々を癒してくれることだろう。(企画者:横木裕子/アートプロデュース環)

木村千代春(きむら ちよはる)
1949年新潟県聖籠町生まれ。85年会社勤務の傍ら独学でイラストの勉強を始め、童画を描く。92年新潟県勤労展初入選、97年~越後湯沢全国童画展入賞、2001年北都・色いろいろ大賞、新潟県美術展覧会新潟日報美術振興賞、02年ILEC(社)教育文化協会美術展優秀賞受賞。近年では、上野の森美術館主催「日本の自然を描く」展で彫刻の森美術館賞を受賞、2017年同展で無鑑査。県内で個展多数。


INFORMATION

イベントタイトル : 木村千代春 日本の自然を描く写実彩画
開催日 : 2021年4月17日(土) ~ 4月29日(木・祝)
時間 : 11:00 ~ 18:00(入最終日は17:00まで)
会場 : 新潟絵屋
料金 : 無料
HP : http://niigata-eya.jp/9355

ACCESS MAP