牛腸茂雄 写真展 「SELF AND OTHERS〈失われた瞬間の探求、来たるべき瞬間の予兆〉」開催


1983年 36歳の若さでこの世を去った、新潟県南蒲原郡加茂町(現、加茂市)生まれの写真家・牛腸茂雄。幼いころに胸椎カリエスを患い、身体的なハンディキャップと生涯付き合うことになります。「20歳まで生きられるかどうか」と限られた命を常に意識しながら生きてきました。その中で、自分と世の中とのさまざまな関係性を見つめ、思索し続けます。

本展では、生前3冊の写真集を出版し、代表作として知られる『SELF AND OTHERS』の中からモノクロ写真15点を貴重な関連資料と共に展示致します。亡くなってから35年以上経っても色褪せることなく投げかけられるまなざしにどうぞじっくりと向き合ってみてください。
展示協力:牛膓廣一、三浦和人、コンタクト(敬称略)

【牛腸茂雄(ごちょうしげお)】
1946年11月2日、新潟県南蒲原郡加茂町(現、加茂市)生まれ。金物屋の次男。3歳のときに胸椎カリエスを患い、ほぼ1年間寝たきりの生活を送る。加茂市立加茂小学校、加茂市立加茂中学校を卒業し、1962年 新潟県立三条実業高等学校商業科に入学。商業美術部に所属し、数々のポスター展やデザイン展に入選する。
1965年 上京し、桑沢デザイン研究所 リビングデザイン科に入学。
1978年 日本写真協会賞新人賞を受賞。
1983年4月体調不良で帰郷。同年6月2日 心不全で死去。享年36歳。
1992年、加茂市文化会館で牛腸茂雄遺作展が開催され、同年 雑誌『デジャ=ヴュ』にて特集が組まれた。
2004年 新潟市美術館、三鷹市美術ギャラリー、山形美術館にて回顧展「牛腸茂雄 1946-1983」が開催。また2000年には、佐藤真監督により映画『SELF AND OTHERS』が制作された。亡くなったあとも展示や雑誌、写真集などさまざまなかたちで写真家・牛腸茂雄の軌跡を辿ることができる。


INFORMATION

イベントタイトル : 牛腸茂雄 写真展 「SELF AND OTHERS〈失われた瞬間の探求、来たるべき瞬間の予兆〉」
開催日 : 2021年4月29日(木・祝) ~ 6月2日(水)
定休日 : 火・水( 5/4,5/5,6/1,6/2は営業)
時間 : 13:00 ~ 20:00
会場 : BOOKS f3
料金 :無料
HP : https://booksf3.com

ACCESS MAP