秋葉区の音楽FES「秋の音」に出演する「Rafvery」に直前インタビュー!


本年度で2回目の開催となる音楽FES「秋の音」が9月29日~30日に開催されます。

秋の音

新潟市秋葉区を音楽の力を使って、文化交流と地域の活性化を目指すこのイベント。昨年同様、新潟を拠点に活動しているアーティストが集結して開催されます。

そんな出演者の中で、昨年に引き続き「秋の音」に出演するラップボーカルユニット「Rafvery」のKAZZさん、U-HEYさんにインタビュー。「秋の音」への思いや魅力を語っていただきました。


廣瀬
昨年から始まった「秋の音」ですが、出演に至った経緯を教えてください。
KAZZ
主催であるユアフレンズさんとは以前から仲良くさせてもらっているんですが、秋の音が開催されるにあたって、ユアフレンズのタツ君から、このイベントにかける想いを聞き心打たれ、僕らの力が少しでも役にたつなら、、、と出演させて頂きました。
U-HEY
そうですね。自身の故郷である秋葉区に「音楽を使って恩返しがしたい」というタツ君の想いに、僕らでよければぜひ協力させて欲しいという事で。

廣瀬
昨年の「秋の音」の雰囲気はいかがでしたか?
KAZZ
他にはない「温かさ」を感じましたね。愛が溢れてるフェスだったなと。
U-HEY
初めて開催されたイベントとは思えないくらい、会場の一体感があって凄く楽しかったです。間違いなく今年は更にパワーアップするでしょうね。野外ならではの開放感も最高でした!

廣瀬
「秋の音」の様に、新潟で新しい音楽イベントが開催されることをどう感じますか?
KAZZ
純粋に嬉しいです。それと同時に主催をする方々を本当に尊敬します。イベントを企画、運営する大変さを少しは理解してるつもりなので。そして地元新潟を音楽で盛り上げて行ける事。すごく嬉しく思ってます。
U-HEY
新潟の音楽シーンが更に盛り上がって行く事に繋がると思いますので、凄く良い事だと思います。もっともっと増えて欲しいですね。

廣瀬
ライブやフェスで意識することはありますか?
KAZZ
ピッチを外さないように歌う事も大切。かっこよく歌う事も大切。でも、それ以上に、心で歌うようにしてます。心がなきゃ伝わらないし、心がなきゃ人は動かない。そう信じてます。
U-HEY
ライブは、そこにいる全ての方と一緒に作る物だと思うので、自分達だけ楽しむのではなく、目の前にいる皆と一つになって楽しめるよう意識しています。

廣瀬
最後に「秋の音」の見どころや意気込みをお願いします。
KAZZ
言葉では語り尽くせないほど、愛が溢れてるイベントです。恋人、夫婦、家族。全ての方々が楽しめるので、是非、ご来場ください。
U-HEY
全身全霊「Rafvery」の音と想いを届けに行きます。一緒に音楽出来るのを楽しみにしています!

>> Rafvery Official Website


Rafveryが出演する9月29日(土)は、秋葉区で同日開催される「あきはなび」とのコラボも実現。今月末は「秋の音」に注目です。

▼イベント詳細はこちら

秋の音

あきはなび