新潟県立万代島美術館「タータン展 伝統と革新のデザイン」


2019年12月14日(土)~2020年3月1日(日)の期間、新潟県立万代島美術館では企画展「タータン展 伝統と革新のデザイン」を開催。

タータンはスコットランド北西部・ハイランド地方で発展した格子柄の織物です。本来は羊毛を綾織にした織物を指していましたが、現在ではデザインそのものもタータンと呼ばれ、世界各国で愛されています。本展は「タータン」をテーマにした日本初の本格的な展覧会。タータンの布地約100点、洋服や靴をはじめ、タータンにまつわる資料や美術作品などを集め、その知られざる歴史や社会的、文化的背景を幅広く紹介します。タータンの多彩な色彩や洗練されたデザインの数々をお楽しみください。

《アフタヌーンドレス》1865年頃
神戸ファッション美術館蔵

高田喜佐《シューズ》1990-2002年
神戸ファッション美術館蔵(高田邦雄氏寄贈)

INFORMATION

タータン展 伝統と革新のデザイン
会期 : 2019年12月14日(土)~2020年3月1日(日)
休館日 : 12月16日(月)、12月28日(土)~1月3日(金)、1月6日(月)、1月20日(月)、2月3日(月)
時間 : 10:00~18:00 ※観覧券の販売は17:30まで
料金 : 【当日券】 一般 1,100(900)円 / 大学・高校生 900(700)円 / 中学生以下 無料
※()内は有料20名様以上の団体料金です。
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料です。
会場 : 新潟県立万代島美術館
HP : https://banbi.pref.niigata.lg.jp/

ACCESS

本日から今月末まで来月以降