今年も新津が仮装で盛り上がる!「にいつハロウィン仮装まつり」実行委員長インタビュー


すっかり10月のイベントとして定着した「ハロウィン」。秋葉区では、今年で12回目となる恒例の「にいつハロウィン仮装まつり」が10月27日(土)に開催されます。

にいつハロウィン仮装まつり

県外からも仮装者が参加するこの人気イベントについて、今年の実行委員長 木戸清仁さんにお話を聞いてきました。


イベントが始まったきっかけを教えてください。

大きく分けると3つあるのですが、1つ目は「新津の交流人口の増加と、街の活性化」、2つ目は「まつりを通して人との出会いと、交流を生み出す」、そして3つ目が「気軽に誰でも参加できて、自らも楽しんで参加できるまつり」ということをきっかけにして生まれました。

そこからハロウィンイベントに決まったのはなぜですか?

私も1回目から関わっていたわけではないので詳しくはわかりませんが、新津には夏の「にいつ夏まつり」をはじめ、まつりがたくさんあるんですね。でもそれまでは、ちょうど秋に行われるまつりが無い状態だったんです。そこでハロウィンが当てはまったんじゃないかと思います。当時はまだハロウィンもそんなに馴染みがなかったイベントですので、周辺地域ではわりと新津が先駆け的な存在なのではないでしょうか。


このイベントの特徴を教えてください。

一番の醍醐味としては、やっぱり仮装して参加できるおまつりということですね。仮装コンテストもありますし、コンテストに参加しない方でも仮装しておまつりを楽しんでいただけています。あとは最初にもお伝えしましたが、誰でも参加できてみんなが楽しめるおまつりということです。

今回の見どころはありますか?

例年のことですが、仮装コンテストがメイン会場となる新津地域交流センター内で開催されます。例年と違うところは、商店街の目抜通りから駅前に会場を移動して、新津駅周辺に大きな会場を3つ設けることです。まず東口の駅前広場にはアトラクションブースがズラーッと並びますので、駅の利用者にもおまつりのワクワク感を感じてもらえますし、仮装コンテスト会場の向かいにある、新潟薬科大学のキャンパス内にはイートインスペースを設けまして、隣接する駐車場内に20店舗を超える飲食ブースが並びます。


今年のテーマは「みんなが主役」だそうですね。

私が小さい頃から「にいつ夏まつり」に参加していたこともあるのですが、「まつり」というのは自分自身が主役にならないと、まつり自体が盛り上がらないんです。嫌々仕事をしていても楽しくないのと同じように、自分が主役になって「誰もが自分を見ているんだ!」という気持ちでまつりに臨むと、おのずと楽しめるかなと思ってテーマにしました。


実行委員長は持ち回り制とのことですが、運営側として楽しい点はありますか?

みんなとワイワイ準備をすることも楽しいですし、当日に楽しんでいる子供たちの顔を見るのが一番楽しいですね。あとは、自分の案が通って実行されることです。当日の流れは毎年実行委員長が決めているので、年によってコンセプトや方向性などが少しずつ変わるんですけど、例えば昨年は子供も参加できたナイトイベントをDJナイトとして、仮装した18歳以上の方だけに限定しました。そんな風なことを周りに協力してもらいながら実行に移せています。


子供の参加者や来場者が多いのですか?

結構多いですね。小学校にはこちらからジュニアスタッフという形で、運営のお手伝いも依頼させていただいています。具体的にはスタンプラリーの補助だったり、今年に限っては会場が3つに分かれますのでその会場案内だったり、仮装コンテストの審査員なんかもお願いしていますね。なのでこのおまつりは、これからの新津を担う子供たちが大人になって実行委員会を引き継いでくれるまでに、いい礎を作れたらなと思っています。

最後に読者へメッセージをお願いします。

今年のおまつりも、例年に負けない内容だと思っています!ぜひ仮装に気負わず、普段着でも構いませんので、楽しみに足を運んでいただければと思います。

年に一度のビッグイベント。あなたも主役になれるチャンスです!

INFORMATION

にいつハロウィン仮装まつり
日程 : 10月27日(土)
時間 : 10:00~16:30
(仮装コンテスト 13:00~14:00 / スタンプラリー 10:00~13:00 / パレード 15:15~16:15 / ナイトイベント 18:30~20:30)
会場 : 新津地域交流センター周辺 / 新潟薬科大学新津駅東キャンパス / JR新津駅東口駅前広場
HP : https://www.niitsu-halloween.com
※仮装コンテストの参加受付は終了しています。

にいつハロウィン仮装まつり